暁星中学の算数の過去問について紹介

暁星中学の算数の試験の概要
暁星中学の算数の試験は制限時間が50分で、100点満点となります。過去問を参照すると通例大問は5問となっています。出題されやすい分野としては、速さの問題や平面図形の問題、文章題、整数の性質、割合と比などです。

暁星中学の算数の過去問に見る早さ問題の特徴
暁星中学の算数の早さの問題については、水槽に水を入れる時の水が溜まる早さを求めるパターンと、移動体に関する速度と距離に関するパターンがあります。

暁星中学の算数の過去問に見る図形問題の特徴
暁星中学の図形問題については、三角形に関する問題や円に関する問題が多いです。うまく補助線を引けるかどうかが正解できるかの分かれ目となります。

暁星中学の算数の過去問に見る整数の性質問題の特徴
整数の性質の問題については、規則的に並んだ数字の規則性を読み取る必要があります。この手の問題は複雑なことが多いため、小問の1は必ず正解したいですが、他の小問は残りの時間でじっくりと取り組むのが良いでしょう。

暁星中学の算数の過去問に見る割合問題の特徴
割合の問題に関しては、2017年の過去問では食塩水の濃度に関する問題が出題されています。このパターンが取られることが多いのでこの種類の問題に慣れておくことをお勧めします。