社会の過去問から勉強をの対策を考える

暁星中学の社会の試験時間はどうか
過去問から学ぶ前に、まずは暁星中学の社会の試験時間と何点満点かを知っておく必要があります。試験時間は40分間で75点満点になりますので国語と算数に比べると試験時間が10分短く満点が25点低く設定されています。
暁星中学の社会ではどのような傾向が見られるか
暁星中学の社会の過去問からわかることは、まず大問1は歴史問題になっており、大問2が地理の問題になっています。この二つは独立した問題が基本ですが、歴史と地理が混合したような問題も出題されるなど総合力が試されることになりますので、それに対する勉強法を考えておきましょう。基本事項をしっかり頭に叩き込んだうえで、応用力を養う必要があります。大問3は、政治経済と歴史分野が出題されます。歴史や地理に比べれば配点は少ないものの、難易度が高い傾向にありますので細かいところまで覚え理解しておくことが大事です。
問題数や種類を過去問で確認しておく
過去問から判断すると、社会の問題数は50問から70問ほどになっているのが特徴です。記号を選択問題や用語の記述問題、そして説明問題が出題されます。説明問題は、年度によってない時もありますが、出題される可能性から考えれば勉強しておく必要があるでしょう。